Section 1

戦争と平和

戦争と平和では、建築家・丹下健三が第二次世界大戦といかに向き合ったかに照準を当てます。丹下は戦前・戦後を問わず、戦没者と如何に向き合うかを設計する上での重要なテーマとみなしていました。一般に近代建築は機能主義を標榜し、生きている人々の生活に寄与することを目指します。一方の丹下は、戦争を生き延びた市民と戦争で亡くなった人々を結びつける建築を模索し続けました。このセクションでは、丹下が国際的な建築家として評価された広島平和記念公園を紹介し、当時のプレゼンテーション資料を展示します。

  • 1-1.
    大東亜建設忠霊神域計画

    鳥瞰パース|『建築雑誌』1942年12月号所収、日本建築学会

  • 1-2.
    広島平和記念公園及び記念館

    Central Theme of Hiroshima City Planning|『Peace City HIROSHIMA』所収

  • 1-3.
    戦没学徒若人の広場

    戦没学徒記念若人の広場(1966年)模型|1/200|2013年|1590×700×510|木|製作:神戸大学大学院遠藤秀平研究室、撮影:市川靖史、所蔵:香川県立ミュージアム

  • 1-4.
    講義ノート

    「都市計画」講義ノート(大歳幹夫記)|1952年頃|250×182|ノート|個人蔵

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4